毎日の生活は常に変化します


by kurononanona
一年に一度か二度 会う友人がいます

外であったり
私が電車に乗って泊まりに行ったり

先日 2人である用事があり
出かけました
訪問先の年上の女性が
いつ頃からのお友達なの?
と聞かれたので
計算してみたら
この春でちょうど50年でした

ちょっと
50年って 何?その数字
そんなにお互いのこと
なんでも 知っているわけではないけれど
15の時から
なんとなく 信じていることがありました
2人で話した事を
その場で終わらせる
話した事が守られてきた50年

結婚式は互いにでました
子供の誕生日は電車に乗ってお祝いにもいきました
それ以外は
あまり無理に付き合ってはいなくて

互いにの両親の訃報は
連絡をしあいましたが
葬儀にはでていません

会える時に会う
ただそれだけで50年

夫が私達を車で送ってくれましたが
遠慮なく
あのさー
立派なばあさんに2人なったなー
ですって
彼女
すぐに言い返してました
あなたもさ
すんごい じいさんだよ!

この春
共通の知人が亡くなった事を知りました
私達だって、いつ、そうなるかわからない

次があるって
信じながら
これが毎回 最後かもと
手を振りあってわかれます

50年経っても 水くさい関係です
淡交
そんな字が似合うかと思っています
c0161474_11301811.jpg


# by kurononanona | 2019-03-20 11:12 | Comments(0)

京都国立博物館

京都国立博物館
京都  滋賀はかなり気温が低く
歩いてはカフェで一服
それはそれで
のんびりした
町歩きとなりました

次回は
琵琶湖周辺
近江八幡
ヴォーリズの建築物をゆっくりみてあるきたいです
c0161474_08004470.jpg

c0161474_08025824.jpg


# by kurononanona | 2019-03-19 08:00 | Comments(0)
友人のお母様が亡くなりました

18の時 とある専門学校で
毎日 トイレで会うので
声をかけました
私が長期間 風邪で休んだら
その間のノートを手書きでくださいました
黙っている人なのに
優しい人なのだと わかりました
話をするうちに
母親同士が池坊学院の講師仲間で
とっくにお知り合いの家でした
縁の不思議を感じました
あれから
48年が経ちました


私の結婚式で高砂を謡って祝ってくださいました
母より うんと長生きなさいましたね
数年前にお嫁さんに連れて行っていただき
老人ホームでお会いしました

ちっちゃかったのにね  あなた
お母さんのこと?
須◯さんのこと忘れないわよ
京都に何回も通って
旅もして

いろんなこと忘れておられるのに
私の母のこと
しっかり記憶しておられました

高台寺の椿
この写真を撮ったころ
天国へいかれたようです

あちらで
立華や盛花   沢山生けてください

今回  六角堂に行けなかったのが悔やまれます
東寺の阿弥陀様の立華をみて
華のこと考えていました
現在 過去  未来を 蓮の一種の立華で
一瓶(いっぺい)  に表す華道

母たちは
頑張って生きぬきました

c0161474_08281238.jpg


# by kurononanona | 2019-03-16 08:27 | Comments(0)
京都に少々 長めに滞在してきました
面白くて
少し怖い経験もできました
c0161474_15535785.jpg


# by kurononanona | 2019-03-13 15:53 | Comments(0)

寒い3月です

寒い3月です
お菓子だけ先に先にとすすみます

和菓子は
どちらかといえば 素朴な姿が好きです
最近は女子このみの アレンジされた
きんとんが増えました

抽象的なきんとんの中に
季節の微妙な色があればよいのに


c0161474_11214694.jpg


# by kurononanona | 2019-03-07 11:21 | Comments(2)