毎日の生活は常に変化します


by kurononanona

分かれ道  という言葉

c0161474_07492639.jpg
分かれ道  という言葉
タモリさんが
番組の中でつぶやいていました

人生にも似ている
若い時
ちょっとした分かれ道だったのに
生きてくるうちに
大きく 離れ離れになってしまう

そんな事が この歳になると増えました

人との関係はもちろんのこと
なぜか私は
土地という 扱いにくいものを
若い時から どちらを選びますか?と
選択をしなくてはならなかった

借地に伴う 供託
解決
一度ならず  二度も
それぞれの地主の利害関係にあわせて
等価交換だったり
売買であったり
有名なコンサルに相談したりもしましたが
総額がいくら
財産価値がいくらが
コンサルの考えで
生き方を楽しくするには
どうしたら良いかは
引き出せませんでした
最後は信頼している弁護士さんと
長期に渡る話し合いの積み重ねで
どれも解決しました
弁護士さんも 母の代から経緯を知る
初老の先生と組み
いろいろ勉強させていただけました

地主が世代交代して ただただ
出て行ってくれ
交渉はしないと 血気盛んな地主さんには
若くて押し出す力のある方にお願いしました
それぞれ7年   3年とかかりました
結果が負けに近い形となり
弁護士さんは
振り出しにもどすか!末代 借地でかまわないですよ
更新料など裁判で無効にできますと憤慨していましたが
負けて徳を(得)をとることにしました

持ち出すお金の方が多く
コンサルのいうとおり
総資産はマイナスになるのですが
今 この歳になり
人との争いがない生活は快適です
旧借地借家法は
もう手直しする時代ではないのかなと 思う時があります
話がそれますが
少年法と同じくらい
時代にあっていません

次は廃道申請
みなし道路として 地域の方々に使われ始めていた私道を 何度も登記所に通い
2年かかってお向かいのお宅といっしょに
土地として復活することができました
38歳くらいの時で
お向かいのご夫婦は
体調を崩し動けません
私は二軒の書類を持って
司法書士さんと役所にかよいました
幼い娘はすっかりお役所の待ち時間にも慣れ
一字一句のために、再度出直す作業は当たり前でした
今 他人様の土地になった
その場所に行くと
出入り口はふさがれて
二軒の御宅の車の出入り口になっていました

解決をしますか?
そのままにしていきますか?

借地のままなら
土地も大きく
固定資産税も家だけ
相続税も安い
地主との精神的軋轢は何代も続きます

みなし道路のままなら
地域の方が使う権利が発生して
庭先を知らない人が毎日通るのです

若い地主さんに言われたものです
あなたねー
弁護費用だす余裕あるなら
地代をあげるなんて容易いでしょう!
お金の無駄だよ!

安月給の若夫婦が
結婚して
すぐに取り組むには
荷が重い仕事でした

どっちの道をえらぶ?

まだまだ
この先もあるでしょう

私は自分が快適で
人をなるべく傷つけない道をえらびます

思い出しました
貸家の居直りもありましたね

そうそう 土地の測量で
4面 事情があり
頑固じいさま

軒先きが我が家に入っていて
恐縮していた方

前面が都の境界線だったので
日程が自由にならない

地主が破産して行方不明

それでも ゴルフ場で不動産屋が
ばったりその破産物件を扱う これまた
不動産屋に出会い
なんとか代理書類を持ってきて
間に合いました

人の手に渡ってしまった土地や家
はるか彼方にいってしまいました

あの時の分かれ道

こちらに来て良かったか
悪かったか

泣く人はいなかったのだから
よしとしたいと思います


[PR]
Commented by nonkonogoro at 2018-08-27 09:26
実家の方では祖父の代に
土地を貸していたので 色々トラブルがあったようです。
地下道路ができて 換地になったときは ほっとしましたが
契約が成立するまでも大変だったようです。
母に残された少しの土地についても トラブルがあり
私も弁護士事務所に一緒に行きました。

土地は所有していても 借りていても
それぞれにトラブルが生じてしまいますよね。

Commented by kurononanona at 2018-08-28 00:01
こんばんは
nonさんとは
逆の立場から見れますね

若い日 知人が大地主で
逆さまの立場の話をしてくれて
参考になりました
貸したものを返してもらえない
理不尽さもわかりました

代替地は実は私も経験したんですよ
チーズケーキくらいの形の土地を
高速道路では入り口に提供せねばならず
減築したり
残地を周りの方に買わされたり

その時々
不思議な人に助けていただけました

今こうして話せるのは
過去になったからです
地縁がなくなりましたし

毎日の生活の中に
調停だの
登記所だの
都庁だの

若かったからできたことでした

お母様 がんばりましたね
あの
イヤーな感じ
無い方が幸せです
by kurononanona | 2018-08-26 07:48 | Comments(2)