毎日の生活は常に変化します


by kurononanona

カテゴリ:未分類( 920 )

今年は静かに世代交代していく街を
ま、仕方ないのかもと思って見て暮らしています

ずっとあって欲しかったパン屋さんは
1週間で 京風おだしの蕎麦屋さんになり
テレビで紹介されていたイタリアんカフェは
いつのまにか真っ暗 閉店したようです
駅前は再開発され 予想通りスタバになりました

気がつけば コンビニ ドラッグストア 大手チェーン店が並びます

もうそんなに閉店の張り紙を見ても驚かなくなってきていました

この冬のはじめ
体調を崩し 久しぶりにやや遠くまで買い物に出ました
この地域では 珍しく大きな整形外科医院があるのですが
何やら張り紙があり
リハビリ施設棟にも 正面玄関にも
諸般の都合により 閉院しますと書かれていました
日付が11月30日
すでに駐車場にはボーリング調査の櫓が建っていました
息子さんの世代になり 規模を拡大し
高齢化やスポーツ整形に対応していたように
思っていましたが
張り紙には
院長名も 代表者名もなく

こんなにあっけなく この規模の病院が閉院することに驚いてしまいました

庶民にはわからない感覚ですが
バブルがはじける とか
不動産価格が暴落するとか
どこかで始まっているのでしょうか

細分化されていく 私の住む街
いつもなら 更地になると次の季節には
確認申請の立て看板がたつのですが
ポツポツと売れ残り始めました

たかだか散歩範囲の中のこと
偶然にすぎないのかもしれませんが
勢いが  街にないなー
そんな師走です




[PR]
by kurononanona | 2018-12-13 02:47 | Comments(2)
最近 風邪で体調を崩していました
寝ながらニュースを見ていると
感じることは 普段と少しちがいます

秋篠宮ご夫妻の会見を拝見していますと
子育てとは なんと難しいことなのだろうと思います
普通のお宅なら
同棲でも何でも勝手にしなさい!
私達はしりません!と
無視を決めこめばよいのですが

大変です
皇室は

この歳になり
過去の友人らの結婚もいろいろでした
またその後の現在を知ると
目的を持って近づく異性に
そのご家庭が翻弄された話は
ひとつ ふたつではありません

初恋の人と結婚した
お母様に憧れて 結婚の模範としてきた
お姫様だったのではないのかしら

今の若者なら
20そこそこでプロポーズは
冗談?と切り返されるかもしれませんね

あの広い赤坂御用地の中で
外に旅立てる日を夢見ておられたのかもしれません

外が騒げば騒ぐほど
真面目なお姫様は
初心を貫くでしょう

私の古い友人で
仕事がら 相手を選ばなければならない人がいました
彼女は高校の時から
「  付き合いは自由だが、結婚だけは勝手に決めてはいけません    」と言われていました

高校の同級生が社会人になり
結婚を申しこみにきた時に
彼女の父親は
その国との長い歴史
自分の関わる企業の立場を説明し
国籍を日本にすることを条件にしました

数ヶ月後
二人は別れました
相手の親が拒否したそうです
それはそれで当然のことだと思います

恋愛の次にくる
結婚は現実なんですから
かなり長い間 彼女は暗く 家に引きこもるように
なりました
私が彼女の家に泊まりに行ったり
彼女がぶらりと車でやってきては
話し込みました
相手がすんなり親の意見に従ったことが
自信をなくさせていたようです

数年後 お見合い結婚をしました
たまに会うと
あの時の父は鬼と思ったけど
今 子供の結婚とか考えると
父は正しかったと思うわ
といいます

秋篠宮さまも
ガツンと一言 いいんですよ
大嘗会のことは
かなりガツンとしておられました






[PR]
by kurononanona | 2018-12-02 22:00 | Comments(4)
この秋は台風が毎週のようにやってきます
近所を散歩していたら
室外機のホースがぐにゃぐにゃになっていました
c0161474_22400266.jpg
植木鉢が割れていたり
風台風でした

台風が来る前の晴れた日に
高尾山に登ってきました
中学の遠足以来
c0161474_22471129.gif
女性1人で登る方もいて
若い方も高齢者も
楽しそうでした
高尾山 女性に人気があるのですね
行きはロープウェイ
帰りはスリル満点のリフトを使いました
ぜひ
紅葉の時期にまた来てみたいとおもいます


[PR]
by kurononanona | 2018-10-02 22:37 | Comments(2)
c0161474_06040726.gif
毎日仕事が忙しい娘夫婦が昨年から
宅配のセットを頼んでいます
週末 夜間しか家にいないのですが
指定時間に玄関まで食材を届けてくれるのです

適当な食材と思いつきで料理する自分には
無縁だと思っていました
ところが
同じ年の知人が体調を崩して以来
このオイシックスを頼んでいるというのです

8月下旬 お試しに料理キットを頼んでみました
その以外な効果は!
夫がレシピと具材があれば作りたいと言い出したのです
 わたしから見ると20分で3品作れるレシピは
読む方が面倒なのですが
彼は嬉々として料理をしていました
それ以来
定期的にキットや冷凍おかずを購入しています

将来
万が一 私が倒れても
何とか健康的な食事ができるかもしれません

仕事はまだまだやりたい夫なので
家事は私の役目です
プレ リタイア訓練が必要かと思い
このシステムを取り入れることにしました

そんなに美味しくはありませんが
まずくもありません
無添加で食材のグレードが高いので
やってみることにしました

私はもう一つ
宅配弁当の良質なものを探しています
私ひとりなら
納豆ごはんにトマトでもかまわないのですが

いろんなこと
試しながら年をとるつもりです



[PR]
by kurononanona | 2018-09-24 06:03 | Comments(2)

記録しておかないと

記録しておかないと
きっと
前後関係がわからなくなるくらい
災害がつづきます

4日 大阪、神戸 台風21号
タンカー追突
関西空港閉鎖
各交通機関の混乱

21号が通過した
北海道で
6日 朝方 震度7の地震
千歳空港閉鎖
道内停電
交通機関停止

沢山の方々の命と生活が
奪われていきます

静まってください
全ての自然の神々さま


[PR]
by kurononanona | 2018-09-06 17:07 | Comments(0)

今年の台風は怖い

今年の台風は怖い
発生回数も多く
規模もだんだん巨大化する
何よりこのタンカーの破壊力
一瞬 目を疑いました
橋がずれて削れてしまっています
数年前に旅した神戸の港も浸水していました

現在 夜9時前
関東でも突風が吹き
ヒューヒューと不気味な風の音がします
古い我が家は大丈夫かしら

被害がこれ以上になりませんように
ほんと
お願いします
風神雷神 水の神さま
 
c0161474_20265433.jpg


[PR]
by kurononanona | 2018-09-04 20:26 | Comments(0)

小学生の頃の娘の絵です

小学生の頃の娘の絵です
まぁ不思議な女の子

この猛暑の中
本棚  書庫を整理しました
こんなイラストもあちこちから出てきました
可愛らしい時代でした
ひとつ今と違うのは
ネットもスマホもない時代の子育てでした

あの頃  電車にのれば 小さな絵本を出したり
私の視線は常に子供へ

今はお母さんは暇さえあれば
スマホ
ママー!っとスマホに夢中の母へ
お子さんが話しかけていたりします

そんな時代の流れにのりながら暮らして来た18年あまり
昨年の秋から
私はネットの環境をかなり変えました
残したのは
フェイスブックと家族間のライン  そして
このブログだけです

長い間お付き合いしていただいた方々に
毎日 話しができないのは
少し寂しかったし
黙ってやめたので
申し訳ない気持ちがありました
やっぱり戻りたい
そんな葛藤もありました
好きな方ばかりでしたし

やめてみて
秋が過ぎ 冬が来て 春
この猛暑を過ごしました

孤に向かって 少し強くなったかもしれません

孤とはこういう感覚なのかもしれません





c0161474_08590355.jpg


[PR]
by kurononanona | 2018-09-01 08:57 | Comments(2)

分かれ道  という言葉

c0161474_07492639.jpg
分かれ道  という言葉
タモリさんが
番組の中でつぶやいていました

人生にも似ている
若い時
ちょっとした分かれ道だったのに
生きてくるうちに
大きく 離れ離れになってしまう

そんな事が この歳になると増えました

人との関係はもちろんのこと
なぜか私は
土地という 扱いにくいものを
若い時から どちらを選びますか?と
選択をしなくてはならなかった

借地に伴う 供託
解決
一度ならず  二度も
それぞれの地主の利害関係にあわせて
等価交換だったり
売買であったり
有名なコンサルに相談したりもしましたが
総額がいくら
財産価値がいくらが
コンサルの考えで
生き方を楽しくするには
どうしたら良いかは
引き出せませんでした
最後は信頼している弁護士さんと
長期に渡る話し合いの積み重ねで
どれも解決しました
弁護士さんも 母の代から経緯を知る
初老の先生と組み
いろいろ勉強させていただけました

地主が世代交代して ただただ
出て行ってくれ
交渉はしないと 血気盛んな地主さんには
若くて押し出す力のある方にお願いしました
それぞれ7年   3年とかかりました
結果が負けに近い形となり
弁護士さんは
振り出しにもどすか!末代 借地でかまわないですよ
更新料など裁判で無効にできますと憤慨していましたが
負けて徳を(得)をとることにしました

持ち出すお金の方が多く
コンサルのいうとおり
総資産はマイナスになるのですが
今 この歳になり
人との争いがない生活は快適です
旧借地借家法は
もう手直しする時代ではないのかなと 思う時があります
話がそれますが
少年法と同じくらい
時代にあっていません

次は廃道申請
みなし道路として 地域の方々に使われ始めていた私道を 何度も登記所に通い
2年かかってお向かいのお宅といっしょに
土地として復活することができました
38歳くらいの時で
お向かいのご夫婦は
体調を崩し動けません
私は二軒の書類を持って
司法書士さんと役所にかよいました
幼い娘はすっかりお役所の待ち時間にも慣れ
一字一句のために、再度出直す作業は当たり前でした
今 他人様の土地になった
その場所に行くと
出入り口はふさがれて
二軒の御宅の車の出入り口になっていました

解決をしますか?
そのままにしていきますか?

借地のままなら
土地も大きく
固定資産税も家だけ
相続税も安い
地主との精神的軋轢は何代も続きます

みなし道路のままなら
地域の方が使う権利が発生して
庭先を知らない人が毎日通るのです

若い地主さんに言われたものです
あなたねー
弁護費用だす余裕あるなら
地代をあげるなんて容易いでしょう!
お金の無駄だよ!

安月給の若夫婦が
結婚して
すぐに取り組むには
荷が重い仕事でした

どっちの道をえらぶ?

まだまだ
この先もあるでしょう

私は自分が快適で
人をなるべく傷つけない道をえらびます

思い出しました
貸家の居直りもありましたね

そうそう 土地の測量で
4面 事情があり
頑固じいさま

軒先きが我が家に入っていて
恐縮していた方

前面が都の境界線だったので
日程が自由にならない

地主が破産して行方不明

それでも ゴルフ場で不動産屋が
ばったりその破産物件を扱う これまた
不動産屋に出会い
なんとか代理書類を持ってきて
間に合いました

人の手に渡ってしまった土地や家
はるか彼方にいってしまいました

あの時の分かれ道

こちらに来て良かったか
悪かったか

泣く人はいなかったのだから
よしとしたいと思います


[PR]
by kurononanona | 2018-08-26 07:48 | Comments(2)

台風ばかり

毎週
毎日
台風ばかりの夏でした

いまこうやって
天気予報を見ていても
あちこちで落雷があるようです

マンションのペントハウスのトップ部分がすっ飛んだり
予想もしないことばかりでした

とはいえ
台風シーズンはこれからです
無事でいてね
日本
お願いします


c0161474_20355714.gif


[PR]
by kurononanona | 2018-08-25 20:35 | Comments(0)
c0161474_01362941.gif
先週末から 逆走しはじめた台風は
月が変わっても まだ九州の島々にいるようです

天気図の経路をみると
まるで❓マークのようです

これまでに経験したことないでしょ?
油断してたでしょ?
何かに問いかけられているような
忍耐を強いられる夏です

これまでに経験したことのないような
長く暑い夏になるか
予想もつかない 短い夏になるのか

平成の最後の夏
どうか
被災者をこれ以上ださないでいただきたいです










[PR]
by kurononanona | 2018-08-01 01:36 | Comments(2)