毎日の生活は常に変化します


by kurononanona

<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ご存じ?

先日 クリスタルボールという楽器を習っていますという方とお話をしました

仕事でつかれて 体調が悪かった時に
その楽器の教室に通うようになったそうです

水晶をくりぬいたボールらしく
なんとも不思議な楽器です

ひとつ ひとつが高くてなかなか買えませんとおっしゃっていました

なんだか 知りたくなって
HPをさがしてみました

ありました
 こんな でしたよ
    ~~~粉末で作るんですね
 
   音楽治療   古代からあったのですね026.gif
[PR]
by kurononanona | 2009-06-29 08:11 | Comments(3)

8年目?

定義へ行くために仙台に行きました

もう 8度目になる
父の代からだと 33年目

昨年 しっかりお礼を申し上げてきたので
節目に行くだけになるかもしれません


娘と一緒だったので
ループルという観光バスで市内を一周してみました
東北大学というのは お城の跡地 山の上にあるのですね
冬は通学も大変なんだろうな~


ちょうど一時間で 市内ルートは終了
 鎌倉 湘南を一周したような感じでした

杜の都 梅雨の晴れ間 緑が美しい時期でした
 写真もとらず ただただ 娘とおしゃべりし続けた旅でした
[PR]
by kurononanona | 2009-06-26 08:27 | Comments(4)
ためおいた ビデオを見ました

 山で最後を迎えたい ある夫婦の桃源郷


 

 きのことりに出かけたおじいさんに
「おじいさ~~~ん」と山に呼びかけるおばぁさん
「ほ~~~い」と答えるおじいさん

おじいさんが亡くなり
娘さんに おじいさんと呼んでみなさいと言われ
大きな声で「おじいさん~ん」と呼びかけるおばぁさん
記憶があいまいになっても
娘さんが「声がしたね~」とごまかそうとしても
「いや 聞こえん」としっかり 山での生活を思い出す おばぁさん

なかなかハンサムなおじいさん
 ずっと惚れてたおばぁさん
こういう夫婦もあるものなんだ・・・・ 仲がよい夫婦って すごいパワーを持つのですね

 平成21年 まだ 取材は続いているそうです
[PR]
by kurononanona | 2009-06-21 23:54 | Comments(0)

6月15日を思い出す人

思い出さずとも 知っている人は
50代より上の人だけかもしれない

高校一年だった 長兄はこのデモで9年間に及ぶ 大嵐の学生時代を迎える

サユリストっていうのは この時代に ノンポリだった人も含めていうのじゃないだろうか


8歳も下だった私は この動きを世の中の迷惑としか受け止められなかった

小百合さんが 生きぬかなくっちゃと 土手を両手をふって歩くCMを見ると
そんなに がんばらなくてもいいのにと思う

団塊の世代のマドンナ
  小百合さんと
  あの日に亡くなった 樺美智子さん
[PR]
by kurononanona | 2009-06-15 07:41 | Comments(4)

暇な時は

この新聞を読む

 ここ

 男三人の 結婚の話

 コンテンツで  のところをクリックし
 吉本隆明さんとの対談は 次が楽しみでならない
 大恐慌についての話など 面白いな~
[PR]
by kurononanona | 2009-06-13 08:56 | Comments(7)

ユニセフのおもちゃ

最近 息子の友人に赤ちゃんが生まれたり
生徒さんから 赤ちゃんの写真をいただいたりします
息子からも 何を贈ろうかと相談されます
私も気持ちだけおくりたいな~何か良い方法は・・・
カードだけでもいいのだけれど
こんなものどうかな~と
@ユニセフのカタログ@から 数点のおもちゃを選んでみました

赤ずきんちゃんの この絵本は 小さなお人形が中に入っていて
お母さんが 指人形のようにお話をすることができます

もうひとつ 布製のひつじさん ベッドサイドにかけるタイプのオルゴールとか

どれも 贈った先のママからは とっても嬉しかったと反応がよかったようです

c0161474_18234287.jpg
赤ちゃんへのプレゼントの一部が基金に協力できるのなら

よいのではないでしょうか

  写真はカタログから おかりしてます
[PR]
by kurononanona | 2009-06-12 18:25 | Comments(2)

引退のあと

今年 1月に井上尭之さんの引退のことをここに書きました
http://nonanonano.exblog.jp/10534497/
偶然 ある方のブログで 彼が小樽の病院で働いていることを知りました

 引用させていただきます

「生まれてきた時と同じように、
大人になったら手ぶらでいなきゃいけないと思うんんですよ。
両手が空いていてこそ、掴みたいものが掴めるのですから。
心が動いたら、身体も一歩踏み出してみることです。
僕も何故小樽まで来てしまったのか、
自分で自分が判らない時期がありました。
人に理由を聞かれても、答えられないんです。
でも、患者さんの車椅子を押した時の感動を知った瞬間、
何故ここに来たのか、
何故プロのミュージシャンをやめたいと思ったのか、
全てが判ったような気がしました。
誰かのためになりたかったんですね。
音楽でも誰かのためになっていると言う人もいますが、
もっとストレートに人のためになりたかったんだと思います。
今は心底『人のために生きていたい』と思っています。
人間、動かないと何も得られないんです。
僕も動いたから、自分が何をやりたかったのかが解ったのです。
自分の直感を信じて、とにかく動き出すことです」


 ・・・・私も 引退のあとも 動こうと思った  ひとは活動しなくちゃいけない

c0161474_192412.jpg

[PR]
by kurononanona | 2009-06-08 00:59 | Comments(2)

今年 何度目かの

c0161474_18112668.jpg


やっと 晴れました
まず やることは どくだみの刈り取り

一面 どくだみの花が咲いています

それなりに きれいな花ですが

花が咲いたらすぐに刈り取らないと 大変なことになってしまいます


子供らが幼い時住んでいた所には 畑や庭があって、手入れが大変でした
近所の奥さんが
「ねぇ~この雑草 みなホウレンソウや小松菜だったらいいのにね~何で雑草なんでしょう」
   041.gif

どくだみは 干して お茶や 化粧水にする方もいるそうですが
 大きなゴミ袋一杯のどくだみを捨てました
 手には 独特の香りが~~~~

・・・・・・まだ 奥の方にも残っているのですが それは またの日に・・・。
[PR]
by kurononanona | 2009-06-02 18:17 | Comments(2)

魔法

NHKの趣味悠々 アコギの放送がありました
終わってから 流して見ているのですが
この小倉さんと アナウンサーがうまい!


こんな風になっていました

最後は22才の別れ まですすんでしまいます

この生徒役のお二人 最初は 下手なふりをしていましたね(笑)

9回でこんなに弾けるなんて 魔法です

最終回で 石川鷹彦氏が
「あまり うまくならなくていい その方が楽しいから」 深い言葉です039.gif

   
[PR]
by kurononanona | 2009-06-01 07:22 | Comments(0)