毎日の生活は常に変化します


by kurononanona

<   2010年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

いかがお過ごしですか

ここに4月27日は 寒かったと記録しておこうと思います

 キャベツがまたまた値上がりし
 半分で200円もしましたが
 これまた高い ニラといっしょに
 餃子を昨夜作りました

 これなら 王将に行って買って来た方が安いかもしれません
  王将も大変だろうな・・・・。

春って どんな季節だったか 忘れてしまいそうです

 旧暦日々是好日より

    春とは
    天気の晴る
    芽が張る
    田畑を墾る
    見通しがよく
    万物清明なる様子を はる という
[PR]
by kurononanona | 2010-04-27 18:09 | Comments(2)

土手は花畑

  
 桜 さくらと 花は桜しかないような騒ぎが収まると

 小さな花が力強く咲きだします


 土手は今 花畑です

 多摩川の駅をおりて
 浅間神社の駐車場から見える 夕暮れの富士と河
 これほど 美しいものはないと 私は思います


 ここからの景色を 毎日みることは 少なくなるニャン
c0161474_913570.jpg
 
[PR]
by kurononanona | 2010-04-25 09:14 | Comments(0)

タイムリーな記事でした

22日の日経新聞

 ドラム式洗濯機の バトル

   専門家の目に 15万以下がのぞましいと書かれていましたが
   私なら 10万以下がのぞましい。
c0161474_8491753.jpg

   
[PR]
by kurononanona | 2010-04-23 08:49 | Comments(2)
10数年も使っている 洗濯機は 縦型6キロ洗濯能力があります
脱水もしっかりできて 使えるのですが

実家の洗濯機置き場には 乾燥機がおけない
となると
ドラム式を考えねばならない

 ところがです
 このドラム式 友人は大好きで これ以外は使えないという
 この写真は友人のパ○ソニッ○のドラム式です

 どうですか
 窓がお風呂場のノブより低く
 中腰にならないと 奥の洗濯ものが取り出しにくそうです
 慣れでしょうか
 それとも 洗濯物のからみがないので す~~~っと とれるのでしょうか

 ツイッターでつぶやいたついでに 
 ここにのせてみます
c0161474_19502127.jpg


ぎっくり腰にならないようなら いいんですが
 
c0161474_19512551.jpg

[PR]
by kurononanona | 2010-04-18 19:52 | Comments(4)
寒い朝が続きます

  この歌詞のように わけのわからない天気です
  連休 車泊できるでしょうか
 
[PR]
by kurononanona | 2010-04-17 08:36 | Comments(0)

ついていけなくとも

十分 魅力的な世界です

  やっぱり TVっていうのは
  今の新聞のように 衰退するんだろうな と思います
  
[PR]
by kurononanona | 2010-04-14 07:43 | Comments(4)

太陽の力

朝 家のまわりを掃除してみると
ぬれ落ち葉が アスファルトに貼り付いて なかなか取れない
ブロック塀もすっかり 湿気を含んでいる
c0161474_9203944.jpg

今日の太陽の眩しさ   
有り難かった
昼過ぎには 落ち葉も乾きました


今週はまた寒さがぶり返すとか・・・・

まさか 平成6年のころのような お米が不足するような夏にならなければよいが

八百屋で根三つ葉を買ったら
「奥さん 根っこ捨てないで そのまま瓶にさしといて・・・・また 新芽が出るからね」と言う
店の棚をみたら
瓶の中で水耕栽培をしていた

店主は いつもなら一束で売る 小松菜とホウレンソウを半分にして売っていました

帰り道 桜の花が散っている横で 山吹の黄色い見事な枝ぶりが 陽の光を受けていました
茶の世界では
初夏は 山吹の花の咲くころからといいます
5月になれば 冬の炉から夏の風炉に変わります

今年は 仲春がないまま 晩春となってしまうのかもしれません


季節はずれの霜がなくなり この太陽の力で 稲の苗がよく育ちますように
[PR]
by kurononanona | 2010-04-13 14:43 | Comments(4)

会話の内容と間

この寒い日に 美容院に行きました

シャンプーしてくれる青年が 娘と同じ年だそうで
3年前くらいから シャンプーを丁寧にしてくれています
まだまだ研修中なんだそうです

シャンプーしながら
「僕 人と話すの苦手でして・・・・やっと慣れたところです」という
背が高くて SMAPのシンゴちゃんみたいなので
そんな風には見えなかった

家では母親とよく話すそうで
うるさいと言われるほど 話すんだそうです
でも 仕事となると 緊張して 話さなくては 話題は・・・とあせるそうです

今日の彼は ずっと ずっと 話しっぱなしでした
私が
「だまっている 間 も いいものよ」と言っても
話し続けていて・・・・・
 そうか 家で母親と話すモードにスイッチが入っちゃったんだと思いました

数日前に 社内研修の様子をTVで見て
同じ年が こんなに厳しい研修で頑張っているのに
おれ・・・このままでいいのか・・・と不安になったんだそうです


その後 美容師さんにカットしてもらったのですが
 どうやったら 結婚できるのか という質問のような会話になり
 父にプレゼントする帽子の話とか 彼氏の話とか・・・・・

一時間ちょっとで終わったけれど
 22歳と32歳 それぞれの 人生相談のような時間でした

   老後はどうしたらいい?なんて会話を 次回はしてみようかと思う
 おそらく・・・・・・・・反応はないと思うけれど。
[PR]
by kurononanona | 2010-04-12 17:29 | Comments(0)

三度みた桜並木

今日 
母と兄と三人で 特養へお引っ越ししました

この施設に来て 2年5か月
メンバーはほとんど変わらず おなじみの顔 顔 

母が精神的動揺しないように さよなら とか 明日で などという会話をせず
今朝 お別れする直前まで 普通に接してくださいました

さて そろそろ行きますという時
さっと 職員さんが集まってきました

若い女の子はハグします
男の人は ほっぺを何度もマッサージします
つねさ~~~ん と 大きな声をかける人がいます

母は どうやら 何やら 今日は特別な時
単なる 病院への通院ではなさそうだと感じたようでした

一番若い 看護士さんが ポケットから封筒を出して、私にくださいました
「暖かった日に 屋上でとりました 顎のサポーターをはずしてお顔がよくみえるように」
個人的に撮った写真でした
自分の祖母に似ているんです・・・・一昨年亡くなったと 話をしたことがある可愛い看護士さんです
今日は会えなかったお世話になった看護士さんとの写真も入っていました
 

外に出れば 桜並木が見えます
この桜 最初に見た時
何度みることができるだろうか と思ったものです

特養は隣のバス停にあります
元気なら 来年も見れるかもしれません

今年で 三度 桜をみることができました

ホームについて 入所の手続きのため 会議室にいると
なんと 前の施設の青年がやってきました
半そでポロシャツのまま 自転車でかけつけたようです

あわて者の私は 保険証を忘れてきてしまったのです
ほんの数十分前まで お世話になった彼が
なんだか 遠い存在に見えました
彼と握手をしました
施設内のウエァーでかけつけたので 手は冷たくなっていました
「僕 顔をみに遊びに来ます」と言ってくれました

母は次なるステージへすすみます
自然に あるがままに この先の生活はすすみます

 家に帰ると ひとつ居場所を失ったような気持ちになりました

  さて 親子して 慣れなくては・・・・・・・・・・。
c0161474_72253.jpg

[PR]
by kurononanona | 2010-04-09 19:52 | Comments(2)

お寒いですね

思い出したように 暖かい日があると思うと
夜には雨
翌日は コートを手放せない気温が続きます

実家の床も 床暖房の工事が終わり
電気 ガス 仕上げとなってきました

仕上がるころには 床暖房などいらない季節になっているだろうと思っていたのに
この分だと 寒い日には GWも暖房をつける日があるかもしれません

リフォームと同時に エコポイントという 有り難い制度ができていて
断熱材やサッシで利用しました

今回の大工さんは 親子でして
見積もりよりも ひとつ仕事をプラスしてやってくれます
昭和の大工さんの仕事を見て
やる気になっちゃったんだとか・・・・

 もうからね~~な~~ 
 でも 何とか食ってけるから ありがたいもんよ!
 コーディネーターさんもチャッキッチャキの下町っ子
 
現場っていうのは こういう気心が知れた者同士,ウマが合うと
いかにも 楽しそうで・・・・いい職業だな~と思います


が しかし
 若い方のお兄ちゃんが 我が家のリビングのライトを一個割っちゃたそうで・・・

ま・・・・・適当なもので 埋め合わせてってことになるのかな

夫もリフォームの仕事の時に 超高級洗面化粧台に金づちが落ちて ヒビが入ったり
グランドピアノにニスがつき その家の奥さんが 自分でベンジンで・・・・大変なことになったり
この仕事の大変さは よくわかっていますが

いざ 逆の立場になってみると
 もっと 気をつけてよね~~~と言いたくもなる

竣工検査が終わったころ 床暖は 必要だろうか

 この分だと 夜くらいは 必要かもしれません
c0161474_17163471.jpg


 
[PR]
by kurononanona | 2010-04-07 17:20 | Comments(2)