毎日の生活は常に変化します


by kurononanona

<   2011年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

寅年のおばからの 手紙

c0161474_1704032.jpg


 字は 乱れていましたが
 心は しっかりしていました

 ほんの一部分を記します


 ストレスにより めまいとの闘いの日々のようでした

 何時は 鍼でよくして貰うのですが その鍼師も死んだやら 生きたやら消息手段もなく 
 隣の食堂の主人も感冒ひとつひかず 事のない一番元気な同級生、それも まだ 消息も
 判らず 波と遊んでどこまで行ったのやら
 津波が奪った一人一人のドラマをみると 私は幸せなのだ いきなきゃと思って
 
 何か生きているのが不思議なような
 避難して暮らしているのが夢のような

 一瞬の心の動きが生死を分けるものだとつくづく思いました

 御本かえしてくれてありがとう 何時になるか判りませんが
 やがて また 発行するのでしょうから その時は大津波のことを書き残したいと思っております

[PR]
by kurononanona | 2011-05-31 17:15 | Comments(2)

来ちゃいました

息子の家に おじょうさんがやってきた

 いや
 参ったな

 可愛い

 「よろちくね。」
c0161474_17493450.jpg

[PR]
by kurononanona | 2011-05-30 17:50 | Comments(2)

大雨  話 ふたつ

大雨の記憶は いくつかあります

 もっとも怖さを感じたのは
 大学4年の夏
 上野毛の東急自動車学校(旧)で運転免許の路上運転の時

朝から ずっと雨でした
午後の講習の時に 強く降りだし 多摩堤から田園調布の山の上に出た時には
ワイパーを最速で動かす状態でした
当時は マニュアル車の運転でしたから
坂の途中 エンストして再発進していました

帰り道 上野毛の坂を下がっていくと
教習所までの前面道路は水没していました

教官が
「いいか!ニュートラルにして ちょっと待って・・・・」
 前方遠くの学校をみると 学校関係者が こちらを見守っています
 もう深くて 外にはお互い出られません
 ドアをあければ 水が侵入してきます
「じゃ いくよ ギアをローに入れて 突っ走る
 アクセルを離さないでよ 止まったらエンストするからね」
私は慎重にアクセルを踏みました
水を跳ね返すには 有る程度のスピードが必要なようでした


 車の前 横 後ろ 噴水のように水しぶきが上がります
 何も見えない

 先生の声を頼りに 一度下って 再び登った

 自動車学校では路上運転は中止になっていたようで
 多くの生徒が拍手で私達の車を迎えてくれた

時々 高架下で水没事故の記事を目にしますが
日常にある 危険です



それから 何年かして
私は家族で 奥飛騨に旅に行きました
母は マッサージを頼んでいました
目が不自由な方で
 母はそういう人には慣れていたようで 手をひいて 自分の場所に案内していました

 うちとけはじめたころ
「どちらから?」という話になりました
「世田谷ですか・・・僕も世田谷でした」
話は長くなるのですが
彼は世田谷 狛江のアパートに住んでいて 地元でマッサージをしていたそうです
ところが 昭和40年代の 多摩川の増水でアパートが流され
 今 こうして 奥飛騨に来ることになったということでした

あの河川の氾濫
数年後に 岸辺のアルバムという TVドラマになりました
実際に家が流された人の人生は あのドラマ以上のもののようでした

「今は 見える方が増えて 住む場所もなくなり ここまできているんですよ」と言っていました
 上手なあんまさんでしたが
「やっぱりね 見えるほうが うまいですよ・・・それは仕方ない。
見えない者にとっての仕事場だったんですが・・・」

 
 今朝 TVで利根川の堤の様子をみていて こわいな・・・・と思いました

 
[PR]
by kurononanona | 2011-05-30 09:50 | Comments(2)

浅いねむり

雨音に気づいて
 はやく起きた朝は~♪ ♪
 もう 布団の中で
 半分 起きだした~♪ 

 こんな梅雨時

 洗濯ものはある
 外出もおっくう
 素敵な庭を眺められる家でもなし

 先日 奮発してかってきた カルピスバターで
 朝から パンケーキ作り

 メープルシロップも残っていたし

 家族が 匂いにつられて 起きてきたぞ

  c0161474_842562.jpg


 
[PR]
by kurononanona | 2011-05-29 08:43 | Comments(2)

もう 梅雨空でした

雨が降る前に 自転車で駒沢公園まで
 
 どんよりした雲  

 もう 梅雨入りが近そうです(5月だってのに)
c0161474_12561461.jpg



 ナーサリーの子供たちが 広場で四方監視のもと遊んでいました
 屈強な外人男性まで加わって、じっと見ていると怪しげな女に思われそうです

 今の子は 車 誘拐 空気 水 土 すべてが危険と隣り合わせでかわいそう 

 ぶた公園は パパと女の子があそんでいるだけ

 ぶたくんも 暇そう

c0161474_1259373.jpgc0161474_130653.jpg

FMラジオを聴きながら 新緑のもと ゆっくりと歩きました

 途中 小雨がぱらぱら・・・

 雨も最近は気をつけなくてはいけません
 
c0161474_1313724.jpg




 ここでオリンピックがあったなんて
 若い子は 歴史の中の出来事なんでしょうね
 あれから45年以上

 今回の地震と原発も 45年後には 大変な時代もあったのねと
 次世代を生きる人が 語れるように終息していってほしいものです


c0161474_13625.jpg
[PR]
by kurononanona | 2011-05-27 13:13 | Comments(4)

深めのティン缶

カルディに買い物にいきました

おそらく 母の日の売れ残り・・・
棚の上のほうに ややほこりをかぶったティン缶

赤と紫があって

 紫のほうを選びました

 中は 三枚で一袋になったガレットでした

 これには サプリや常備薬を入れておきます

 籠の中は そういった小こぶくろでいっぱい
 地震の時 缶なら 割れないですからね
c0161474_1144176.jpg


 ラメール・プーラ・のティン缶です
c0161474_11445221.jpg
 
[PR]
by kurononanona | 2011-05-26 11:44 | Comments(0)
22日は 地震以来 久々にお会いする生徒さんとの稽古でした

 2か月ぶりです

昼は暑いくらいでしたが 稽古中に気温が急に下がり 北から吹きつける雨が雨戸をたたきました
ザーザーと雨の音を聞きながら 稽古をしました

 この雨も そして3月以来 地震後に吹いた風も ほどほど というものがありません
 暴風雨とか 竜巻とか まだまだ天の怒りは治まっていないのでしょうか

それでも ずいぶんと落ち着いた時間を持つことができました

軸にかけたのは「薫風」
5月も終わっていきます
 この一週間は わずかに 薫風を感じる一瞬もありました

毎日 前日の日記のように 地震ばかりを気にして生きているわけにもいきません
原発のことだって 少々 諦めなければならない現実が見えてきました

 こういう時は 何かをすることが一番よいようです

土曜にギターのレッスンがありまして
 左手の形の修正に入りました
今まで 意識すると かえって弾きずらくなるので
前のようにグリップをがしっとつかんでやっていたのですが
やはり クラッシックスタイルに変えていくことにしました

高音をきれいに出すには この形が一番よいようです

クラッシックギターを将来持ってみてはとのアドバイスもありました
すでにギターは2本持っています
この先 何年弾くだろうか
鉄弦の魅力もあります
指への圧は クラシックの何倍もあるので
やっと弾けるようになった鉄弦を手放すのも おしいような気がします

茶もそうなのですが
最初に習った先生の型というものは
一生ぬけきれません
夢中になれば なるほど その癖は出やすい

前の先生のあのロックな感じ
もうちょっと若ければ ついていけたのかもしれないけれど
例えば この年で ボンジョビを弾くというのは
実際 かなり厳しいものがあります
最終的にはエレキをやろうという流れでしたから
今のほうが とても自然で馴染んでいます
習いながらリラックスしています
前は緊張して バリバリでした

もうしばらく
鉄弦でクラッシックの曲に挑んでみたいとも思っています
指が狭いフレッドの中で喧嘩するのですが
鉄に指の力が追いつかなくなったら
いつか 柔らかいクラッシックギターに変えていこうかなと思っています
[PR]
by kurononanona | 2011-05-23 00:48 | Comments(4)
記録

 今朝の地震
  千葉から茨城にかけて

c0161474_729744.jpg



c0161474_735582.jpg

[PR]
by kurononanona | 2011-05-22 07:29 | Comments(0)
狭い小部屋に 帽子掛けができました

この板は 連休に塀を塗った後
私がペンキでベタベタに仕上げたラワンの板です

かなりまだら・・・ですが わかりませね!

冬も夏も 紫外線が強くて 帽子は必需品です
それと エコバッグ 使ったスカーフ しばし ここにかけておけます

裏がボードなので しっかり補強しなくてはいけないので
地板は 裏の支えになる木をさがしながらでしたので 大きくなり 圧迫感がありました
ここに 黒や茶のアイアンでは 男っぽくなりすぎます
 軽い感じの 学校の廊下にかけるようなフックがやっと見つかりました

 まだまだ 家は仕上がりません
 仕上がったころには 家の方に寿命がきてしまうかもしれません
c0161474_1744244.jpg




c0161474_17554772.jpg




     c0161474_17564761.jpg
[PR]
by kurononanona | 2011-05-21 17:47 | Comments(2)

いいお天気でした

天気がいいので
マットだの 冬物パジャマだのいっぱい干しました
ああ~~~~一日


と思っていたのに

 いや~な気分

 関東のど真ん中にバッテンがあります
 
 記念に この絵 残しておきましょう
 
 記念になるように 願をかけましょう







c0161474_18354380.jpg

[PR]
by kurononanona | 2011-05-20 18:38 | Comments(0)