毎日の生活は常に変化します


by kurononanona

<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

プラタナスの枯れ葉道

先日 絵画館前から 東宮御所周辺を散歩しました。
銀杏並木を後ろに、左に曲がり、しばらく歩くとと、御所の並木へ。 プラタナスの枯れ葉が 歩道の端に積もっていました
あんなに大きな葉っぱは 、民家が密集する町では みることができません。
監視カメラと 出入り口ごとにたつ 警備の警察官。 歩道橋の下で 自転車に乗ったまま 歩く人達を注視しています。

ふと こんな 歌
思い出しました。

プラタナスの枯葉舞う冬の道で
プラタナスの散る音に振り返る
帰っておいでよと
振り返っても
そこにはただ風が
吹いているだけ
人は誰も 恋をした切なさに
人は誰も 耐えきれず振り返る

この 庭園の中に住む あの 聡明なひと

彼女には 今の季節 ブ-ツをはいて 髪をなびかせ 颯爽とキャリアバックを持って プラタナスの枯れ葉を踏んで 霞ヶ関に向かう道も あったのだろうな。
[PR]
by kurononanona | 2011-11-27 05:35 | Comments(5)
内村鑑三 「隠居の快楽」
神と語る事 比較的多くして 人と語ること 比較的に少なくにあり、時代的事実に接することすくなくして 永久的真理に学ぶこと多きにあり。表面的交際を避けて 誠実の友とのみ交わり得るにあり、此等の快楽ありて 吾人は隠居の利益あるを知って、その損失あるを知らず。
[PR]
by kurononanona | 2011-11-16 07:38 | Comments(0)

時々 思い出し 読む詞

大きな愛や仕事には大きなリスクがつきものだということを考慮にいれなさい。

あなたが勝利を失っても、そこから学んだことを失わないようにしなさい。

あなた自身を敬う気持ち、他の者を敬う気持ちを持ち、あなたの行動に責任を持ちなさい。

あなたが欲しいものを得られないということは時としてすばらしい幸運のめぐり合わせであることを忘れないように。

適切にルールを破る方法を見つけるためにルールを学びなさい。

小さないさかいが尊い友情関係を傷つけることを放っておかないように。

あなたが間違いを犯したことに気づいたときには、それを正すための手を即座に打ちなさい。

毎日いくらかの時間は一人で過ごしなさい。

変わることに寛容であっても自分自身の価値観を失わないように。

沈黙は時として最高の解答だということを忘れないように。

良き真実の生を生きなさい、そうすればあなたが年を経て振り返ったときに、あなたは再びそれを楽しむことが出来るでしょう。
続く

more
[PR]
by kurononanona | 2011-11-13 09:16 | Comments(2)

名曲 迷曲

黒いオルフェを 何とか最後まで 弾き終えました。 まだまだ 組み立て終わらず、楽譜を必死で読み終えた段階です。
レッスンが不規則なものですから 半月以上ありません。先生にいただいた楽譜の本は、かなり前のもので、 アマゾンの中古で 手に入れました。 それに 編曲者が演奏したCDがついています。
スイッチオン!
なるほど あの---3♪の弾きかたは そうであったか!
私たちが 楽器を習った頃は 編曲者の演奏など 簡単には聞けませんでした。
禁じられた遊び などは ユ-チュ-ブで 作曲家の演奏で見れてしまいます。
少し 迷曲になりかけていた オルフェが
修正されました。

こういった エキゾチックで情緒たっぷりな曲を、冷静に フォルテの誘惑に負けないように弾くのが 楽しいです。
[PR]
by kurononanona | 2011-11-08 08:52 | Comments(2)

若いふたり

私 一人で 仙台を旅してきました。
いつもの 寺まいりです。一人で行ったのは 何年前でしたでしょうか? 息子が風邪でダウンし、圧力釜をもって行った時以来です。
二人の新居にお邪魔してきました。
f^_^;
姑として、笑!
楽しかったですよ。


帰り道、昔 息子が住んでいたマンションの前まで行ってみました。

あの日から 彼は独立し、二年後、出会いがあり、結婚をしました。
大震災があっても、二人であったことは、親として何と心強かったか。

遊びに行く度に 買い物をした大手ス-パ-は、倒壊の危険で更地になり、その脇の飲食店街も 閉鎖されていました。

街には前と同じように 活気が戻っています。

でも 大谷石の塀は倒れて 庭先に積まれたままだったり、 何気なく歩いている住宅地の家の出窓に
「がんばろう 東北」と書かれている。

古い家の土壁は 何とか耐えたのでしょう
ベニヤ板で割れ目が塞がれたり、硝子窓 すべてに 縦 横 あらゆる方向に ガムテ-プがはられていました。
あの 古い 北仙台の街は 耐えぬいていました。

震災のあと 家族となったワン子とも すっかり仲良しになって、姑 nonaは帰って来ました。

若い 二人 に 見送られて。
[PR]
by kurononanona | 2011-11-01 21:48 | Comments(2)