毎日の生活は常に変化します


by kurononanona

<   2012年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

東風

東風は雨をともなうことが多く、カミナリもともなうことが多いらしい。
雲雀東風
桜東風
まさに、この数日は暦の本に書いてある通りでした。
さ、
咲きますよ。
c0161474_18394674.jpg

[PR]
by kurononanona | 2012-03-31 03:31 | Comments(0)

TSUTAYA

c0161474_9171851.jpg

蔦屋
丸ビル、六本木に続いて、代官山に。
歩いていけるし、便利で楽しい。
布のバケツに読みたい本をいれ
スタバで好きな飲み物を買い、
CDの試聴コーナーで、好きなCDを聴く。

ほんと、こんな時代が来るなんて。
一人もよし、気の合う友とも良し。
[PR]
by kurononanona | 2012-03-29 18:08 | Comments(2)

塀でも平気

c0161474_18425897.jpg

大谷石の塀に咲いている花
一杯の生花のよう
たくましく 優しく生きなくちゃね





ところで、スマホの写真はどうでしょうか?
スマホでみていますと、大きさがわかりません。
これで、サイズ変更もアプリなしでできたら便利でしょうね。
[PR]
by kurononanona | 2012-03-28 18:39 | Comments(2)
2号機には、びっくりした。ロボットの開発を待つしかないのかな。
炉を作る時は、入るべきものを考えて作ったのでしょうが。
原子炉と、神道の社は、なんだか似ていますね。
カシコミカシコミ
どちらも目で見ることはできません。
カシコミカシコミ
触らぬ神に祟りなしではいられない。
カシコミカシコミ
福島の人のために鎮めたまへ
[PR]
by kurononanona | 2012-03-28 10:14 | Comments(0)

ひかれるもの

鉄塔
なぜか惹かれる

c0161474_1895293.jpg

この塔の下に保険会社のテニスコートがあった。高校のランニングの目的地。
多摩川の鉄塔も好きでした。
[PR]
by kurononanona | 2012-03-27 03:03 | Comments(2)

L3

今だに学生番号を覚えています。
入学したのが、約40年前
創立60周年のころ
L3とは、文学部三期の意味があったはず
息子にもきていたので、転送しました。

c0161474_6551654.jpg


欅並木道は、タイルになり、ピロティーも、高層棟になりました。

アヤパン、懐かしい。


c0161474_655291.jpg

[PR]
by kurononanona | 2012-03-27 00:43 | Comments(2)

裏庭に春がきていた

c0161474_15234739.jpg

雨があがった東京は、少し暖かい
荷物を物置に置こうとしたら
春の花が咲いていました
名前はクリスマスローズですが、季節は、春だそうです。
[PR]
by kurononanona | 2012-03-25 17:30 | Comments(0)
古豆さんの影響で、ほぼ日の中の特集をよく見ていました。
少し、飾りが乱れたお雛様のまえで語っておられました。http://www.1101.com/truth/index.html


がれきだって、東北に投資して、焼却施設の最新のものにして、雇用を増やし、発電につかえば、この先、何処で同じ災害が起きたときも役立ちます。
あせってはいけない


セシウムが怖いと言ってはいけない空気、
君が代を歌うことを、古い日教組相手に文句言ううちはいいですが、日の丸絶対主義の一歩なら困ります。
[PR]
by kurononanona | 2012-03-18 08:32 | Comments(4)

自分を知る

最近、壁にぶち当たることがあって、
かなり長いこと凹んでいました。

古くからの友人に会って、素直な気持ちで話していたら
、あら、

いつの間にか、トンネルの出口が見えてきたようです。

私がとっくに忘れていた自分を思い出させてくれたり、
そんなことあったっけ?
誰、その話し?

あ~~~、自分をしらないのは、自分であったよ。

先日伺った、染織家の先生にも言われた

もう、好きじゃない事、人に合わせる必要はない。
古き恩人に、感謝です。
[PR]
by kurononanona | 2012-03-16 18:42 | Comments(0)

近いな

埼玉震源。

昨日、生徒さんに埼玉は地震あまりないからなどと会話したばかり。太い棒がどこで折れるかなど、誰もわからないそうです。

自然にはもう逆らわないで生きるぞ!と、寝込みに夫が言った。人に殺されるのは、絶対いやだが、自然現象なら仕方ないさ。

きめた。
いつもと同じに最後まで淡々と生活します。
[PR]
by kurononanona | 2012-03-16 04:44 | Comments(0)