毎日の生活は常に変化します


by kurononanona

<   2012年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ギターを習って4年経ちました。

クラプトン、ボサノヴァ、
スマホの録音能力はすばらしく
不安定な指の抑え、平均化しない右指の弾く力をあらわにします。

性格がよく出ています。

大雑把で、不注意。
c0161474_953777.jpg


桑田くんの歌で一番好きな曲の歌詞
私の心境。


恋の終わりは惨めなものね
何もかもGoin'insane
哀惑う

ハートせつなく涙溢れて
とめどなく Pouring rain
酔っ払う

甘い、弱い、何も出来ない僕が
明日生きるための、頑張るための一言


嗚呼 お日様どうか Let it shine.
あなたの愛で Make me smile.
負けそうになったら おまじないはいつも
I'm a Rock'n Roll Superman.

人間(ひと)は誰もが悩み抱えて
傷ついて So much pains
泣き笑う

そして「あなたがいて幸福」と
言ってくれる娘に Heyyeah・・・
めぐり逢う

しゃアない、トロい、役に立たない僕が
ぐっと燃えるような、こみ上げる粋な合言葉

お星様泣いて Lonesome time
誰かが Love you all the time.
夢があるなら空を翔べるさ
You're the Rock'n Roll Peter Pan.
by kurononanona | 2012-08-30 09:42 | Comments(0)
書斎をチラと見たら、面白い物がおかれていた。
c0161474_1313337.jpg




引き出しには、ペン式のヤスリとか、見たことない消しゴムとか、様々な定規とか
いろいろ、隠し持ってるようだ。

私には使いやすく感じないクロスのペン、すぐ折れちゃう極細シャーペン。

そういえば、山登り好きなご主人がいる方が、鍋釜折りたたみ、いりこになった道具をみて、
男の人の方が、おままごと、大人になっても好きダヨネ( ^_^)/ (^_-)
by kurononanona | 2012-08-28 13:09 | Comments(4)

平気で30年

c0161474_8172833.jpg

毎朝、豆をひくフィリップのミル
私が大学生のころから使っています。
蓋にヒビが入ってから、10数年(苦笑)


木のまな板 けん 鍋敷き
これと同じものを、友人にドイツ土産として
30年前に渡しましたが、彼女は飴色に光るまで使い込んでいます。
おそらく、水に浸す時間が短く、乾拭きが丁寧な生活をしているからでしょう。
私のは、ざらざらまだら。
彼女は我が家にくる度に、うーん、うちのは骨董品みたいになってるよ(`_´)ゞと自慢します。
毎日、雑貨とともに生きています。
他人の手に渡れば、ごみになってしまいますが。
by kurononanona | 2012-08-27 08:03 | Comments(2)

残暑厳しく

朝から室内の温度計は29度

ものすごい大、大、台風が来ているようです

気温と、雨、風は比例していくのでしょうか
ふ~っと吹き飛ばされないかぎり、残暑は残りそうです。

氷の中にミルクと珈琲を注いだら、こんなんできました。
c0161474_1063976.jpg


もうちょっとで、秋と夏がまざるはず。
by kurononanona | 2012-08-26 09:56 | Comments(2)

猛暑の中の女ふたり

昨日も猛暑でした。
数日前に約束をした友人と待ち合わせ。
友人の中でも、特にラテン系、いや、もしかすると顔だけ日本人かもしれないその人と久々にランチをしました。

待ち合わせは、こんな場所。
c0161474_885964.jpg

彼女は、数件の日本語教室を終えてからやってきました。
仕事は、まさに、朝飯前にしてしまう、生徒さんと教師。彼女のバイタリティーを話しながら感じとり、猛暑も一瞬忘れました。
彼女は、一対一でも、一対複数異国人でも、持ち前の明るさで対応できちゃう。
昨日は、一対一のお一人様対応をしてもらいました(^_-)。

忘れましたといえば、昨日は、私の誕生日でした。

渋谷警察署。
私は、この先の日赤病院で生まれたのでした。当時、246には市電が通っていて、兄二人を家に残し、元気になって、世田谷に帰りたかったと、母の回想録に書かれていました。切迫流産と、腎盂炎を強い薬で抑えながら、しかも、停電下の難産だったらしい。
この暑い夏に、母は、大変だっただろう。

8月22日、(ーー;)何の関連もなく書かせていただけば、向田邦子さんの命日でもありました。真夏に突然消えてしまった作家。

戦場で亡くなられた山本美香さんと、聡明な感じが似ていて、ふと、重ねて思いました。

尖閣、竹島と争いを起こす愚かさ、彼女が紛争は遠い国の問題ではないと残した言葉。

自国に置き換えて見なければないけないよね。
ずっとずっと言い争うことはストレスだけれど人は死なない。
100年でも、1000年でも耐えようよ。
争いは末代まで遺恨を残す。

平常心を持つ国であってほしいな。
by kurononanona | 2012-08-23 07:30 | Comments(2)

竹のジャムナイフ

盆休み、いつもの山にいきました。

いつもの店でみつけた
竹のジャムナイフ
このカーブ
節の部分の持ちやすさ

左利き用もありました。
c0161474_83247.jpg




c0161474_832527.jpg

by kurononanona | 2012-08-21 07:59 | Comments(4)
旧盆も過ぎました。
兄から三回忌の日時の連絡もありました。

何箱にもなっていた、介護関係の書類を処分することにしました。
小泉政権になり、介護保険は大きく変化しました。今は当たり前になった、老健施設も最初の頃は、遠く離れた場所ばかりでした。
国立市、相模原市、港北ニュータウン、杉並区、埼玉県見沼区、
それらの場所に、週に一度、時に連日、車で通いました。
遠い施設の時は、片道1時間半、自分を見つめ直す時間でした。
今は、車は旅先で運転する程度です。
時間を急ぐ必要はなくなりました。

ホームにはいるまでの、待機人数を知らせる書類、
200とか80人とか書かれた表に赤丸をつけて、まるで子供の受験発表を待つように暮らしていた日々がありました。
介護認定申請、判定結果、施設との膨大な数の契約取り交わし書類。
転院する度に増えた病院のカード。
細かく切って処分しました。

平成16年ごろ、自宅にきていたヘルパーさんとの交換日記と、母が頼んで買い物していただいたレシート帳。
それと、施設に訪問してくださった方々の訪問日記は残しました。

ノートの中にたまに、母自身がぐちゃぐちゃに書いた字も残っています。

訪問してくださった、叔父叔母、従兄達が先に亡くなり、
つねちゃ、元気になってまた、山形さ帰ってきてください、などと書かれています。

読み返すことはないかもしれませんが、
いつか、自分も子や、その伴侶に委ねる日がくるかもしれません。

その時、あのぐちゃぐちゃな文字で、
Y(兄の名前)に電話して‼
と書きなぐった母の気持ちがわかる時が
くるのでしょう。
by kurononanona | 2012-08-19 06:30 | Comments(2)

東京はあつい

雷はなるわ、
蒸し蒸しするわ、
暑いっす。
c0161474_1591320.jpg


骨かじる気にもなりません
c0161474_1591459.jpg

by kurononanona | 2012-08-18 15:05 | Comments(0)

短いメール

滅多に連絡などよこさない長兄から
メールが届きました。

人生は常ならず
三回忌のことなど、会食しましょう


旧盆に届いた短いメール

このブログのタイトルは、常
もちろん、兄は知りません
by kurononanona | 2012-08-14 22:39 | Comments(0)
このアルファベットの文字

どこからでも読み出してよいですから

Wordを3つ見つけてみてください

深いですよ。
c0161474_10594035.jpg

by kurononanona | 2012-08-11 10:55 | Comments(7)