毎日の生活は常に変化します


by kurononanona

<   2012年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

生田の丘で墓参り

来年、良い年にしたいですね。

生田の丘の梅の木は
すでに芽がふくらんで、初春を待っています。

今年は自分にとって、いろいろな変化や、反省する所がある年でした。

来年は60になります。

ここには書いてきませんでしたが
夏から少しばかりダイエットをしました
膝の痛みが引いた時
決心しました
50代で痩せましょう

標準体重にやっとこ近づきました

まだまだ、元気でいたいです。

来年も、どうか皆様よろしくお願いします。
毎日のこと、常に書いて行きたいと思います。
よいお年をお迎えくださいませ。
c0161474_12354456.jpg

[PR]
by kurononanona | 2012-12-31 12:24 | Comments(2)

時代ですね

何十年と続いた陶器の器から
ティン缶に
鳩居堂

強い者が残るのではなく
環境に適応した者が残る
か。
c0161474_9455946.jpg

[PR]
by kurononanona | 2012-12-29 09:43 | Comments(0)

こんな年越しもよいかな

夫婦二人で、黙々と互いが互いのすきなことをしています。
松飾りもしました。
お掃除は、かなりの冷え込みゆえ、今年はパス。

息子夫婦と、娘は、偶然、同じ時期にハワイに行っています。

先ほど、まな板いらない?と、息子からメールがきました。

東京は雪にでもなりそうな天気てす。
ハワイってとこは、そんなによい所なんでしょうか。
私は、真冬に雪をみながら東北の温泉、湯治生活、梅のころに熱海の湯、なんて生活が最高だと思います。

c0161474_18212765.jpg

[PR]
by kurononanona | 2012-12-28 18:07 | Comments(2)

絆のその後

叔母の絆の話が心に残る

そんな時に
息子の幼稚園時代の先輩ママに会いました。
幼稚園は一学年ちがい
転勤したり、転居しても
なぜか繋がっていた友達

お互い、アラ還。

素敵なところで、お茶
c0161474_20313421.jpg


寒い青山の通りを
自転車で渋谷へ帰っていく
元気でね
今年もありがとう
介護疲れしないでね、
そんなに友達いない私には大事な存在なんだからね!
c0161474_20313587.jpg

[PR]
by kurononanona | 2012-12-26 20:19 | Comments(2)

長い電話

叔母は固定電話をひいていません。
今日は見慣れぬナンバーの携帯から電話がありました。
一時間ちょっと
地震から、津波、避難生活
溜め込んでいた思いを一気に話してくれました。
廃墟の街にポツリと、叔母の新築の家が立っています。
隣の家は荒れたまま、残った老夫婦は九州へ行ってしまった。
あの人も、あの日声かけたのに避難しないで死に別れた人。
三階だてのビルに住んでいたのに、ご主人をなくした老女。
なんで屋上さ逃げなかった?と聞けば、奥さんは流されながら救われたが、夫婦して水がきた時、頭が真っ白になり、自分の家が何階建てか忘れてしまっていたという。
nonaちゃん、津波はすごい音すると思うでしょ?
それがよ、音なんて聴く余裕もない。黙って埋まって行くんだよ〜。おもちゃみたいさ、トラックだの車だのプカプカ浮かんでよ、
わたしは、あのダウンとかいうの?つるつるしたコート、あれがよ、ふくらんで水面さあちこち浮かんでよ、水が引く時、ザーッと沖さながされてく姿わすれられねーよ。
三人だけ、この年寄りがよ、棒でつかまらせてみなで助けたが、あとは誰一人助けられなかった。重いリュックを捨てろ!って叫んでもリュックが浮き袋になって頭が沈んでしまうのよ。

この前の地震のときは、もう避難しなかったよ。死ぬための家さ建てたんだもの。避難する必要もない。
立派な学者がきて、なんぼか金出して、また、堤防だ、かさ上げだとかいうけど、
私らは昭和8年の津波も知ってる。
(三陸津波、バラックで釜石の人は暮らしました。その後、チリ地震津波も経験しています。)
逃げ道をドンと作るだけでいいのに、企業誘致、観光だってよくわからない。この家も強制収容されるよという人もいるけど、生きてるうちにはないだろな、ハッハ!

まだまだ、いろいろ話しました。

私は、ひとつ聞きました。

何が一番大切なこと?

お金も大切だよ
だけど、一番は、きずな
テレビでいう、あんな きずな じゃなくてよ〜
自分でキチンと結ぶ絆だよ。
この魚屋だって、建てた大工だって、
みな、30年、40年、変わらず付き合ってきた人達さ。
自分で結ぶんだよ、nonaちゃん。

86になった叔母
わたしは、電話を切る前に言いました。
次の避難勧告の時は、高台に避難してね、と。
叔母は、はいはい、と答えてくれました。
[PR]
by kurononanona | 2012-12-24 00:23 | Comments(0)

何か食べたいものある?

買い物にでた夫から
何か食べたいものある?

あるんです
たぬき煎餅の
子狸

美味しいんです。
小指ほどの大きさです
c0161474_11485612.jpg

[PR]
by kurononanona | 2012-12-23 11:46 | Comments(2)

復興する意志

釜石から海の幸が届いた

被災者からは受け取れない

贈らないでと何度伝えても


いや〜、魚屋が復興したらば、すぐ送る!と言ってきかない。
震災後、仮設の魚屋からシャケだけ届いた時もあります。

叔母のプライド。
有難く頂戴することにした。
c0161474_94593.jpg

[PR]
by kurononanona | 2012-12-21 09:41 | Comments(0)

^o^ さな ~_~; さな

さ、年末。
我が家は、あちこち出かける家族の出入りが始まります。
あれですよ
あの子
がやってきます。

さすがに2〜3日はペットホテルに預かってもらいたいと思っています。
年越しは、夫婦とわんこで
面白い晦日になりそうです。
c0161474_7592638.jpg

[PR]
by kurononanona | 2012-12-21 07:55 | Comments(0)

ポットのお茶

ドライブや仕事場に、自宅でいれたお茶や珈琲をポットに入れて持ち運ぶことがあります。
しかしながら、何か中で煮詰まった味になり、
しょうがないか、温かければと、半分諦めていました。

先日、若い知人が
ティーサーバーに一度いれたものを、少しさましてからポットに入れると、
味が劣化しませんよ、とおしえてくれました。
熱々をいれていたのですが、
少し時間経過したものをいれてみました。
ほんと
ぬるいことを我慢すれば
あの煮詰まり感は減りました。

あのポットの中で熱い液体は何か科学反応しているのでしょうか。

今日も冷えますが、なかなか良い具合のポットのお茶をのみながら仕事をしています。
[PR]
by kurononanona | 2012-12-20 14:07 | Comments(2)

静かなクリスマス

もう、リースは飾らなくていいかな、と思いつつ、
アイアンのとなかいのベルだけ飾っていました。
あと、一週間、
何年か前にも赤い実のブーケを逆さにかけていました。
からからに乾いてしまうかも(*^^*)
少し、玄関先を明るくしました。
c0161474_1546116.jpg

[PR]
by kurononanona | 2012-12-18 15:40 | Comments(3)