毎日の生活は常に変化します


by kurononanona

<   2013年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

築地

築地場外市場に行きました。
友人との待ち合わせは、本願寺。
c0161474_21143946.jpg


伊東忠太の建築だという
c0161474_21143942.jpg

c0161474_21144121.jpg


パイプオルガンと佛教
鳴り物というわけなのかな?
c0161474_21144033.jpg


銀座に出る時
新歌舞伎座が姿を現していました。
[PR]
by kurononanona | 2013-01-31 21:06 | Comments(2)

鬼さん

c0161474_107454.jpg


そろそろですね。

息子がその日、30になります
早いものです。
[PR]
by kurononanona | 2013-01-29 10:03 | Comments(2)

アルバム整理中

膨大な量のアルバム整理中

リビングを塞いでいます

大学のアルバムも大きすぎます
大学四年の安倍晋三さん
可愛い顔してますね、
同学年で
彼は政治学科でした。
アーチェリー部が隣で
薄っすら覚えています

大人しいイメージてした
c0161474_9332611.jpg

[PR]
by kurononanona | 2013-01-27 09:29 | Comments(2)

お菓子のようだわ

友人が東京駅ドームの写真を見て、美味しそう^ ^と言っていたので
どれどれ
ラインカメラで遊んでみました。
チョコに装飾されたババロアみたいです。
c0161474_14385168.jpg

[PR]
by kurononanona | 2013-01-25 14:35 | Comments(2)

美しい

真正面に皇居、
丸ビル
国旗がたなびく駅 東京

国旗、国歌うたわない教師は
早期退職などしないかな(^ー^)ノ

やはり、大切なものは
どんな時代になっても大切です。
c0161474_13364884.jpg

[PR]
by kurononanona | 2013-01-25 13:31 | Comments(0)

幸せになる猫

c0161474_1530353.jpg

あ、あ
どこにしまいこんだのか
仙台 堤焼きの猫

雪の頃 書棚の奥のおくに
木目込み人形と一緒に暮らしているのを発見
息子夫婦にあげたんだ、と、思い込みはじめておりました(−_−;)

目が合うと幸せな気持ちになるので
机の上にいてもらうことにしました
ミッキーと仲良くね。
[PR]
by kurononanona | 2013-01-24 15:25 | Comments(0)

必需品

c0161474_18164660.jpg

買うか買うまいか考えていましたが
今回の雪にこりて、一本用意しました。
ちりとりでは腰が痛くなるし
スコップでは重い。

今日は雨で助かりました。

どうか使うチャンスがあまりありませんように。
[PR]
by kurononanona | 2013-01-22 18:12 | Comments(0)

(´・_・`)

誰の場所でもない、誰もが使う場所。
バス停の降り口
信号が変わるまで待つ場所
住宅地の交差点
邸宅の横道

月曜日に降った雪は氷の板となり
そのまま凍っている、
シャベルを持って歩きたいくらいだ

ほんの数分
雪をどかせば、昼の太陽は黒い地面に熱を運ぶのに。

残雪厳しい季節の東京
[PR]
by kurononanona | 2013-01-17 19:59 | Comments(0)

お休み大好き

何もしない、雪の日

夕ご飯を普通に作る
こんなメモ書きを読みかえす



月は満ち足り、欠けたり、姿をかえるけれど、本質は変わらない。
人は、満月を賞賛するけれど、弓なり月や、今にも消えそな月も、本質は変わらない。

烏賊が大根と同じ茶色に染まった
春菊の胡麻和えもなじんだころ
夕飯です
[PR]
by kurononanona | 2013-01-16 07:11 | Comments(2)
茶会をしながら
他のことばかり考えていた

茶筅を洗いながら

水指をふきながら

残り火を火消しツボにいれながら

生きる意味
ま、大袈裟なことじゃないんですが

人を大切にしなくては
などなど

60って、社会にでていく前に少し似ています
老いと死にむかって
みな、再出発
親を看取り終わるまでわからなかった感覚です。
c0161474_11252963.jpg

[PR]
by kurononanona | 2013-01-14 11:19 | Comments(2)