毎日の生活は常に変化します


by kurononanona

<   2017年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

帰国して話しを聞けば

娘が帰国しました
スペインバルセロナにチョイ住み旅行


今回はハネムーン
ゆっくりとスペインを旅したようです

ところが
同じ時期に
同じように
チョイ住みバルセロナを計画していた人が
わたしの身内にいたようなんです


彼らはバルセロナは再訪
60代夫婦ののんびり旅

2組のカップルは
ピカソ美術館で ばったり出会いました

ピカソ美術館の最後の部屋で
娘は日本語に気づきました
中国人が多い中、離れた場所に目を向けると

おばさん?
いや
似てる人かも?
すると、
わたしの兄もいた!

娘から声をかけると
( 美術館ですから 小声で)
もう、向こうもびっくり
おばさんは抱きついて
事情がわからぬ婿さんは
しばし 沈黙
兄は
へぇ!え!の繰り返し
互いの旅の経過を話し
挨拶して別れたらしいのですが

数分後、ミュージアムショップにおばが探しにきて

いたいた!写真だけでも撮りましょうよとなりました
それくらい びっくりして 慌てて別れたんですね
じゃ
ランチでもしない?となり

数時間後ZARAの店前で待ち合わせ
ピンチョスの店に入り、2時間もおしゃべりしたそうです

3月に式に来てくれる兄夫婦ですが
2人のことはよーくリサーチ済みになりました

こんなこと
あるんですね
数多い観光地
大きな美術館でバッタリとは
c0161474_08473604.jpg


c0161474_08473790.jpg



[PR]
by kurononanona | 2017-01-30 08:28 | Comments(2)

のびしろ

わたしは結婚して
家事が苦手なことを知りました

3人の子を育てた母は子供に家事を頼むことなく
黙々と働いていたのでした
鈍いというか 利発でない私は
全く母の苦労を思いやるようなよい子ではありませんでした
そもそも男兄弟と同じように育ちましたから
母も仕事が忙しくなり、私が高校ぐらいになると
掃除と夕食を頼めるお手伝いさんを雇っていました
家事より好きなことをしていなさい
そんな家風でした

結婚して、まず先にもっと苦手なことがありました

それは
女友達とのお付き合い
友人との付き合いではなく
いわゆる 女として 建前が先なお付き合い

主婦となり
母として付き合いが始まると
なんか
憂鬱な日々が何年も続きました
どうしても
付き合いは
都内に住む 高校時代の友人、大学の友人となっていきました

そんな中
料理や掃除が得意な人に出会う機会もありました
夜 キッチンを磨き上げ
翌朝 テーブルや流しがピカッと光るのが
何よりの嬉しい瞬間だとか言うのです

ただただコンプレックスを持って
ごちゃごちゃした自宅に帰っては
ため息をついたものでした
ま、ホコリで人は死なないくらいの感覚で
中年期の家事はしのいできました

家の中に興味を持ち始めたのは
天沼寿子さんという アンティークショップの経営者のブログに出会った時からでした
茶道にもあるのですが
西洋骨董を見立てて 毎日の生活におろして使うのです
70代半ばで亡くなられてしまいましたが
和骨董と西洋食器を一緒に使う方法や
インテリアの縦横のバランスなどを知りました

そのころ、大田区に小さなアンティークショップを自転車のポタリング中に見つけ
オーナーの女性と話しをするようになりました

彼女の持論は
家の中は我儘でよいのよ
人のためじゃなくて自分の好きを優先するの
壁にランプをつけてごらんなさいよ
ピカピカ ジャラジャラ嫌いな人のことなんて
関係ないのよ
好きならつけちゃう
c0161474_10551157.jpg





それ以来 家の中は アンティーク化
決して統一感はなく
夫いわく なんか安物のオンパレードだなと
笑われますが

あんなに嫌いだった家事も
あの棚にはこの食器
あのランプにはあそこのあれを片付けて となり

人のためではなく自分の好みのための
掃除や断捨離に突き進み始めました
その店も再開発で閉店してしまい
バンカーズランプが最後の買い物になりました
オーナーさんいわく
このランプの
チョこって引っ張る紐がね好きなのよ
このランプ
ディズニーランドのアンティークの絵のショップで使われていました、少し嬉しかったです
c0161474_10430930.jpg



母が弱り 古屋に住むようになり
家族も減ったせいか
いつのまにか家事が苦手から
家事もたまには楽しいかもという考えに変わりました
多分 しっかりハウスキーピングしている方から見れば 雑然とした家事の仕方なんでしょうが

こんな年になっても
まだのびしろはあるかもしれません

運動嫌いが好きになったり
内向的な人が人が大好きになったり

何十年ぶりかに古い知人に会うと
この人こんな性格だったかな?と思うことありませんか?

もしかすると
その人も 若い時とは違う 考え方や生き方に
変わってきたのかもしれません



嫌いとか
やだとか
そういった感情をなるべく減らして
自分ののびしろがまだある状況にしておけたらよいなーと思います


[PR]
by kurononanona | 2017-01-27 09:44 | Comments(2)

マッスの中で

昨年 神戸に行きました

最初の予定を少しのばして
2泊にすることにしました

娘と2人ですから
気楽なものです
神戸のnonさんに街の様子をメールで教えて
いただいていたので
坂道を下れば三ノ宮に出れる
楽チンな旅となりました
新幹線で新神戸につくと
直ぐに三ノ宮へ
神戸牛を食べたり ショッピングしたり
横浜によく似た
横浜よりこじんまりしてお洒落な街が好きになりました
娘は夕方からホテルでパソコンで仕事
いつの間にやら 子供に遊んでもらう立場に
なっていました

なんだか疲れて このままホテルの中で食事をしたいなーと思っていたら
ルミナリエに行こう!とパソコンを閉じるなり
娘が宣言する

かなり遠くない?
ならぶのでは?
寒くない?

文句たらたら言う私はお尻をたたかれて
元町目指して電車に乗ることに

まあ、それは、長い列でした
大丸のまわりをぐるぐる 何度も遠巻きにして
牛歩を繰り返すのです
私は来るんじゃなかったと寡黙に


1時間近くならんで
とうとうルミナリエの正面につきました

c0161474_23453354.jpg

これが1995年12月以来 22回目となる
ルミナリエ
c0161474_23453494.jpg

平成7年の阪神 淡路大震災
息子は小学6年
娘は1年生でした

黙々とあるく集団 マッスの一員に加われてよかった

実は後日 Instagramで
ルミナリエ正面にある宝飾店のビルから
ルミナリエを見ましたと書かれていた有名人がいました

帰りのタクシーの運転手さんも
真面目にならんだの?
いくらでも楽に見れる場所があるんですよ
と教えてくれましたが

ルミナリエをただ見るだけなら
六本木や丸の内の電飾と変わりありません

寒い夜に黙々と歩く人々
21年前に 不安と混乱の中にあった街を
こんなに沢山の幸せなカップルや家族が
ルミナリエめざして歩く

来てみてよかった

マッスの中で見てよかった
c0161474_01375895.jpg





[PR]
by kurononanona | 2017-01-13 23:14 | Comments(4)

ふりむけば

年末にに墓参りをする予定が
風邪をひき 明日明日と伸ばしていました

どなたかが、お茶をそなえてお参りしてくださったようです

天気は快晴
無風
気持ち良い墓参りができました

お彼岸にまたきますね、と、
ふりむけば

お堂の方角に のろしのような煙がひょろひょろと

夫に言うと

?もう、お炊き上げしてるのかな

次の瞬間
煙は幅を広げ もくもくと

なんだろう

青空の中に立ち上がる煙を
写真と映像でとりました

車で帰宅するときに
猛烈な勢いで走ってくる消防車とすれ違いました
坂の下には人が集まって、


昨日は無風
急斜面に密集する生田の住宅地
民家の火災だったようです
c0161474_08155063.jpg

私も自分の生活の中の危険を
再度 注意しなければなりません

普通にくらしながら
慣れと気の緩み
不注意

無事是貴人


年初に心にきざみました



[PR]
by kurononanona | 2017-01-08 08:00 | Comments(0)

新たな年と 過ぎ去る年

毎朝 今日は体調がよいだけで
気持ちが明るくなる
天気が良ければなお 良し

そんな無事なことを喜べる年齢になりました

長年続けているブログ
ここには
寂しいことも書き残す日があっても仕方ありません

昨年は
大学の先輩が亡くなりました
自転車をこぎながら、メークを絶対あきらめない
おしゃれな人でした
タンクトップを着て走る姿に
ぶったまげたものです

友人を通じて知った美容師さんが60を前に急逝されました
今はラインがあります
友人は亡くなる数日前までラインで話をしたそうです

車から建物 自営業の保険まで 20年以上も相談に乗っていただいていた代理店さんが 不治の病で廃業に
そんな話を聞いたのは秋の頃でした
年末、本社からその旨 挨拶の手紙が届きました

奥さまがパーキンソン病で長年闘病中
家事と仕事 故郷のお父様の世話
事務手続きでそんな話もしました
お二人だけのご家族でした
nonaさん こんな仕事していて話すのもなんだけど
保険は貧者にこそ必要なんですよ
稼ぐ力があるひとは、貯蓄がよい
ある年齢になったら 改めて保険は入るべきではない
ガンになったら100万とかね
一回限りの金より
まず100万貯める
自由に使える100万がよいですよ
今 彼はどう考えているだろうか


年改めて
23歳からお世話になった歯科医院が閉院
兄の親友でもあり、ラインで兄に知らせると
びっくりしておりました
c0161474_08181956.jpg


こうやって
周りが変化したり
自分自身が環境が変わっても

そうか
それならそれで また
生きて行こうと

ある意味
あっけらかんと生きることが
増えていくのでしょう
[PR]
by kurononanona | 2017-01-07 07:51 | Comments(2)

2017 平成29年

暮れに風邪をひいてしまいまして
私から夫へ
私が24日ごろ復活
夫は29日ごろまで咳が出ていました

家族の忘年会を25日にひらき
あっという間に新年会
先週集まったメンツがまた集合です

呑んだり
のんだり
たべては
のんで

最後に茶をしました

できなくとも
まずは やってみよう!
初笑いの茶となりました

明るい年になりますように
春に娘は苗字が変わります

c0161474_15265017.jpg


c0161474_15265100.jpg





[PR]
by kurononanona | 2017-01-04 15:11 | Comments(0)